朝、6時45分に八戸を出る時は霧雨でここまで完全装備で走って来た。
今は、まあ上がってる。

国道45号を走るのが今回の一つの目的やってんけど、やっぱりまだすごいわ。
海岸線に見上げるような万里の長城みたいな防潮堤、道沿いの家もまだ全然空き地のままだし、今日は日曜なのに、土砂を満載にしたダンプかいっぱいだし。

前回来た時に驚いた光景を再度紹介すると、
image

image

この標識が入江の前後に必ずあるし、町には至る所に
image

どっちに逃げればいいかの標識があるし、
大きな建物には、
image

ここまで津波で浸かったって言う標識があるし、所々に、破壊された橋なんかが残されてるし、
まだまだ、津波の爪跡を生々しく感じれる。

これは、見る度にショックだし、忘れちゃいけない光景だ。

今日は、出来たら、仙台まで行きたいな。

↑このページのトップヘ